福岡近圏での造園のご相談は平日限定 9:30~17:00
0943-72-0012

代表挨拶

ようこそ、清緑園のホームページヘ。

代表を務めます、山川雪徳です。

清緑園は、昭和44年 山川清緑園として、先代である私の父と母によって創立されました。

当初は、植木、苗木の生産者でしたが、「庭をつくる」ことに魅力を感じ造園業へと転身したのが 父、山川清です。

清緑園 初代当主は、母と正に二人三脚で、何もないところから地元、田主丸の地から造園業を広め、久留米、そして福岡近圏に及ぶまで、造園のご依頼を頂けるようにまで、熱心にお庭創りに携わってきました。

その父の長男として生まれた私は幼少期から父の背中を見てきたということもあり「お庭」「造園」 というものに非常に興味があり家業を継ぐことを、中学時代に決意し今に至ります。

最近、世の中では、庭離れといいますか、植木や庭はいらないという声をよく耳にします。

それは時代の流れとともに土地は高騰し、車社会となり、人口は増え狭く限られた敷地の中で庭よりも駐車スペースが必要となっていることや、マンションなどの普及から、機能としてのスペースの重要性が増し、「緑に触れる」「自然を感じる」ということがどうしても後回しとなってしまったことに原因があると思います。

しかし、人は自然が好きなものです。戸建住宅を望まれる方のほとんどが、小スペースであっても「お庭」が欲しいと口を揃えられます。

そんな中にあって、繰り返しになりますが、駐車スペースの問題や、お洗濯物干し場、お布団干場などのスペースが必要になっていく上に、「植木のメンテナンスの方法がわからない」といった現状を突きつけられてしまうので、結果、庭離れに繋がってきてしまっています。

お庭のリフォームのお話もこれまで福岡を中心に数多く頂いてきましたが、残念なことに「以前創ってもらったお庭は完成直後の庭はきれいだったのに、時が経つにつれ植物が大きくなり庭が荒れて 手に負えない。だからもう、庭はいらない」というお庭のリフォームのご依頼も少なくありませんでした。

これは、庭スペースに対しての出来栄えだけを重要視された、無謀とも言える配置、数量、全体の設計に原因があるように感じられる業者先行のデザインとも言えると思います。私達はこう言った「放置される庭」を一件でも無くしたいと考えています。

この問題に対して私たちは、施工はもちろんのこと、設計の段階から、建物と庭との境界線のとり方や人と植物との距離、植物と植物の間(ま)、つまり、人と生活と植物のバランスといったものをライフスタイルに合わせて提案しなければならないと考えています。

造園は、お庭の施工からメンテナンスまでを見通してデザインするもの。

清緑園 代表これは造園家としての使命だと考えます。

どんな居住空間や生活空間も日々、年齢を重ねていきます。

でもそこに一本の木や草花があることで空間は古びていくことなくイキイキとと進化を続けていくと私は信じています。

造園や外構プランは、そこに人が生きていることで少しづつ成長を続けていくように計画されるべきだと私たち清緑園はつねに考え、メンテナンスの手間を抑えられつつも、日々お客様自体も「造園」を楽しんで頂けるようなお庭作りをお手伝いさせて頂くとともに、その手助けとなる情報をホームページなどを通して皆様にお届けできればと考えております。

お問い合せ