福岡近圏での造園のご相談は平日限定 9:30~17:00
0943-72-0012

観賞式庭園の実例

観賞式庭園を象ったお手入れのなるべくかからないお庭

築100年を超える立派なお屋敷から造園のご相談がありました。

敷地内には100坪を超えるスペースがあったのですが、お庭といっても植木を飾られている程度で、ほとんど手つかずのご様子でした。

ご要望としては島根県にある足立美術館のような日本庭園風のお庭を造りたいとのことでしたので、枯山水を使った観賞式庭園をご提案いたしました。


住宅 外構 パース
日本庭園 パース

ご主人様よりお話を伺うと、以前よりお庭いじりをしたい、先代から受け継いだ屋敷に見合うお庭を作りたいと、造園業者をお探しになられていたそうです。

社がある田主丸は植木の日本三大生産地でもあり、久留米ツツジを始めとし遠方から買い付け来る専門家も多いことから、ご主人様は、植木のことも庭のことも詳しい造園業者が田主丸にないものかと方々探されているおりに、弊社にご相談くださる運びとなりました。

写真はクリックできます

【施工前】


 
 
 

【施工後】

 
 
 


 

庭というのは、正に生き物です。その後のお手入れなしではせっかくの財産が廃れてしまいかねません。もちろん、ご提案の際にお手入れが難しい植栽などに関しては、ご要望があったとしても枯れさせてしまっては元も子もありませんので、ご遠慮頂くこともあります。

例えば、イヌマキやラカンマキ、盆栽などで人気の高い松などの高価な仕立てものを好まれる方もいらっしゃいますが、お手入れが非常に大変でメンテナンスにかかる費用負担も大きくなってしまいます。

もちろん、これらが持つ風合いを実現したいと言うお施主様のお気持ちは、私も植木を扱う造園士ですのでこれらの樹種も大好きですし、よく心得ているつもりです。

ですので、その後のお手入れのこと、造園にかかる初期費用のことなどを鑑みながら、ご納得頂けるまでしっかりとサポートさせて頂きます。

お問い合せ

観賞式庭園の実例