福岡近圏での造園のご相談は平日限定 9:30~17:00
0943-72-0012

住宅の造園事例

住宅 外構 福岡

住宅の外構、お庭のリフォームなどの施工事例をまずは、ご覧ください。新築住宅の外構は、何をもとにデザインして良いかお悩みの方も少なくないでしょう。また、造園と一言でいってもエクステリアの設置やカーポートなど[…]

店舗の外構事例

店舗 外構 福岡

店舗の外構では、来店数のUPやリピーター様の増加を視野に入れたデザインのご提案を行なっております。まずは、施工事例をご覧頂きながら弊社「清緑園」のコンセプトと実績をご確認頂き、オーナー様のイメージをかき立てて[…]

造園ギャラリー

造園ギャラリー

造園ギャラリーでは、施工事例には掲載しきれなかった、お庭の写真や外構の施工写真、全体の写真だけでなく、お客様こだわりのスポット写真など多数掲載しています。ここで、あなたの造園アイデアを刺激して[…]

清緑園

福岡の造園なら、設計施工、アフターまでお任せ 。「清緑園」のホームページヘようこそ

雑草対策Read more
住宅 外構

雑草対策

雑草対策を特に意識されたお庭のリフォーム依頼でした。 以前にお施主様自身にてお庭のフロア部分には30㎝角の人工芝調のマッ…
Read more
住宅 外構

お庭リフォーム

住宅の建替えに伴う造園依頼で敷地が450坪を超える広さのため雑草などにもお困りの状態でした。 先代から引き継がれたお宅で…
嬉野温泉 花の雫Read more
店舗 外構

嬉野温泉 華の雫

長年お付き合いさせて頂いている嬉野温泉華の雫のオーナーからのお庭リフォームのご依頼でした。 嬉野温泉「華の雫」様の大浴場…

西健次郎

     

造園に対する想いは人一倍強く真面目な男。その真面目さから作られる作品はブレがない。また、物事に対する繊細な目と観察力を持ち、和洋問わず造り込む事に長けてる。社内でも良きまとめ役である。

【趣味】
バレーボール、ハンドボール

風間信一

     

緻密な計算の中から出てくるプランは一見、普通のようであるが使いやすさや安全性などライフスタイルに合わせたものになっている。北海道出身ということもあり口調も優しく幅広い年齢層から高評価。

【趣味】
フライフィッシング、ドラム

宮本直樹

     

お客様とのコミュニケーションの中からニーズを的確に判断する事に長けている。また、現場を大事にし見落としが少なく施工中もその厳しい目が光る。時に、大胆なデザインが出てくるのも魅力の一つ。

【趣味】
釣り、車、旅行、ツーリング

山川 雪徳

代表

人との会話を一番に大事にしている。言葉を交わす中から生活環境や趣味そしてお客様の想いを良く読み取り、枠に囚われない斬新な発想でイメージ通りのもの且つ新しさをカタチにする事を得意とする。

【趣味】
家族との時間、美術館めぐり


福岡の造園なら、設計施工、アフターまでお任せ | 清緑園ようこそ、福岡中心に造園業を手がけている清緑園のホームページヘ。

私達、清緑園は造園の街と呼ばれる、福岡県は久留米市田主丸町にて、昭和44年より住宅を始め店舗の造園、駐車場施工、箱庭などを手がけてきました。先代の父は今も元気に時折現場に明るい笑顔を振りまいてくれます。どうぞ、昔から清緑園を愛してくださっているお客様におきましては、いつでも遊びにきて頂ければと思います。

清緑園 代表さて、父と母が二人三脚で育ててきたこの清緑園も世代交代を行い数年の歳月が経ちました。

福岡県下はもとより近圏におきまして造園業を中心にお庭工事をお受けさせて頂いてきましたが、昨今のインターネット時代を受け、また、少しでもお庭がある生活を楽しんで頂けるように、加えて、これから福岡で造園のご依頼を検討されている方々に向けての情報発信を始めました。

この清緑園のホームページでは、これまで行なってきた造園の事例はもとより、少しでもこれから造園やお庭のリフォームを検討されている方々のお役に立てるよう造園のデザインパースやその開設なども踏まえ掲載していきたいと思います。

加えて、造園のことだけではなく、植栽のお手入れの仕方や、日頃から皆様を悩ませている雑草対策に関しましても、随時コラム形式とはなりますが記事を追加していきたいと考えております。

どうぞ、このホームページを参考にして頂き、ステキなお庭を手に入れて頂き、そしていつまでもイキイキとした草木とともにお庭を楽しんで頂ければと思います。

若き造園士、清緑園 代表 山川雪徳

造園 福岡 清緑園 造園業へのこだわり

造園とは、と耳にすると「熟練の職人」をイメージされる方も少なくないかと思います。そこに来て清緑園のメンバーは「若いんじゃないの?」と揶揄されることも正直ございました。代表の山川雪徳自体が造園士としてお客様のお庭を手がけるようになったのは、2004年からですので経験が浅いとお感じになられる方もいらっしゃるでしょうが、先代の父「清」の手伝いを実家の植栽農園で始めたのは、それより更に20年程遡ります。

客様のお庭を一手に引き受けるようになった経験自体は、造園の諸先輩方から比べると劣るかもしれませんが、私には父の背中を見つつ幼少の頃から造園に携わってきた肌感覚を持ち合わせていると自信と誇りを持っています。

まだ駆け出しの頃、「経験に勝る知識なし」という言葉を知り、その差を埋めるために私が特に注意して行なってきたことは、「お客様の言葉に耳を傾けること」と、言葉にならないお客様の思いを3Dキャドやパースを使って、あらゆる角度からサポートさせて頂きます。

造園デザインも様々造園といっても和風のものもあれば洋風の造園デザインもあります。

また、従来の造園士に求められることと、現代の造園士に求められることも大きく変わってきました。

特に変わったことは「庭師の激減」によりお庭のお手入れが昔程手軽に行なえなくなり、お客様自ら施工後のお庭のお手入れを行なって頂く必要が増えたところにあるかと思います。もちろん、日本庭園風の造園を行なえば、腕に覚えのある庭師をお雇いになることでしょうが、庭師の高齢化と絶対的な人手不足から、高額にもなってきました。

前の造園はお手入れはプロに頼むものでしたが、現代の造園は「できる限り手がかからない造園」を心がけ、設計当初からデザインすることが最優先事項となってきました。そう言った意味では、これらことを父の仕事ぶりと時代の移り変わりを家業として感じてきた分、若い私達であっても深く理解できていると思います。

また、造園士も職人です。職人と聞くと「こだわりが強い」とイメージされる方も多いことでしょう。言うまでもなく仕事にこだわることが職人の責務ではありますが、造園工事直後の景観にこだわるのか、歳月を経ながらも憩える造園デザインにこだわるのかによって、そのこだわりは変化します。

言うまでもなく、私達は【歳月を経ながらも憩える造園】にこだわりデザインしています。

これが、私達、若き造園士 清緑園のこだわりです。

造園 福岡 清緑園 造園デザインで大切にしているもの

清緑園の造園に対するこだわりは、ご理解頂けたかと思います。若い造園士だけに「ちょっと生意気」と感じられた方もいらっしゃるかもしれませんが、実は、こんな造園への頑までなこだわりを持ったのには理由があるんです。

まだ、駆け出しだった頃、造園のご依頼を頂きお施主様のご希望に添うことばかりを考えていた時期がありました。裕福なお宅でしたのでその後のお手入れには立派な庭師を雇われることだろうと、確かめもせずご希望されるまま造園工事を行いお引き渡しを行ないました。

しかし、

お察しの良い方はお気づきのことと思いますが、3年後ぞの立派な日本庭園は竣工時とはかけ離れた状態になっていました。昨今の不況の煽りを受けてか理由は分かりかねますが、お庭のお手入れが全く行き届かなくなっていたんです。

「こんな造園の仕事はもうしたくない!」

そう心に決め、お引き渡し後のメンテナンスを意識して造園デザインを手がけることにしたんです。

植栽ひとつにとっても、時代とともにお手入れの仕方が変わってきました。温暖化の影響もあり、また突飛な豪雨や長雨も昨今では珍しくないですよね。そう言った意味では、こんな気候の変化を起こす前と今では、お庭のお手入れにかける手間や質も大きく変わってきました。

そう言った意味では、こう言った植生のひとつ一つの特性と言うのは、私達、造園士が持つ肌感覚みたいなものもと言いますか、長年の経験が大きく影響しますので、過去の長過ぎる経験が邪魔になることも時には起こってしまうようです。

私達は最新の植栽事情とそれらのお手入れにかかる手間、木々の成長ペースや害虫の問題などを計算し、お手入れに余分なコストをかける必要がない造園デザインを大切にしています。

また、物価の上昇や人口の増加、土地の現象などに伴って「小スペースでも映える造園デザイン」といったものを大切にし、昨今では新築の造園以来よりも、やはりお庭のリフォームの方がご用命が多かったりもしますので、再利用やリサイクルを意識し、初期コストをできるだけ抑えて頂くご提案も心がけています。

清緑園の若き造園士は、「お客様のお話に絶えず耳を傾けること」と「お手入れコストを節約できる造園」そして、「コストを抑えても栄える造園」といったこだわりを持って庭作りに励まさせて頂いております。

私達は、福岡にて造園業を手がけておりますが、福岡だけに捕われず可能な限りお声がけ頂ければ、お客様の造園ニーズにお応えすべくお伺いさせて頂く準備もございます。ぞうぞ、福岡の清緑園を覚えて頂き、造園のご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

また、造園を検討されているご親類の方やご友人、知人様などおられましたら、このホームページと合わせてご紹介頂ければと思います。

お問い合せ